ぽてんしゃる0アルバム「鏡花水月」リリースしました!

こんばんは、ぽてんしゃる0です。

ひっさびさにニューアルバムを配信することができました。
2019.12.13から各種ストリーミングサービスで聴いていただけます。
「ぽてんしゃる0」で検索してもらって、赤いジャケットが目印。

タイトルは「鏡花水月(きょうかすいげつ)」。
「目に見えて掴めそうだけれど、儚い幻。」みたいな思いを込めたタイトルになります。

動画で公開していない「チアノーゼ」「イロハニ」とかも含めて、総集的な仕上がりになっています。チアノーゼはseeeeecun主催のコンピ「One Room Industry 4.0」に書き下ろさせてもらった作品です。イロハニは曲者ライブで歌っただけですかね。(曲者コンピには入っているよ!)

今回はCD版をまだ作っていないので、先行して歌詞だけこの場を借りて公開しようかと思います。

ちなみにクロスフェードはこちら。

鏡花水月 歌詞(曲名をクリックするとスクロールしま)

閃光リザレクション

作詞作曲:ぽてんしゃる0

夜明けを穿(うが)つ 疾風(はやて)となりて
錆びた轍(てつ)を 掻き鳴らすなら
この手は未だ 屍(しかばね)なれど
今も夢の中。

誰もいない 気にもしない
頭イタイ 雨上ガル 夕暮レ
もうヤメたい 時よ止まってくれ
繰り返しの よーいドン
遠ざけよう 見ないでおこう
僕は無能 言葉さえ綴れず
ヤメにしよう 明日にしよう
それを繰り返す クリムゾン 赤

何もしない わけでもない
それが辛い 不可逆の流れは
こうしか無い そう繕って ただ
流される 思考不全
狂気でしょう 反吐(へど)が出そう
ただの夢想 音でさえ語れず
ヤメにしよう 明日にしようって
また繰り返す 自問自答ばっか

神無の月に ふざけた空模様
うつむいて 弧を書く背を
斬りつけた雨は
あの日と同じ 歪(ひず)んだ心
怒り憤り超えて 始めましょうか

月夜を穿(うが)つ 疾風(はやて)となりて
錆びた轍(てつ)を 掻き鳴らすなら
この手は未だ 屍(しかばね)なれど
今も夢の中。

歪(ゆが)んだ月と ふざけた恋模様
うつむいて 弧を書く背を
蹴りつける雨は
貴方と同じ 疲れた心
痛みと不条理超えて 始めましょうか

この身を穿(うが)つ 閃光(ひかり)となりて
焦げた鉄を 掻き鳴らすなら
その手は既に 黒鉄(くろがね)なれど
一夜 夢の中。

月夜を穿(うが)つ 疾風(はやて)となりて
錆びた轍(てつ)を 掻き鳴らすから
この手は未だ 屍(しかばね)なれど
錆びた心 掻き鳴らすから
この手は未だ 屍(しかばね)なれど
今も夢の中。

闇夜のダンス

作詞作曲:ぽてんしゃる0

ねえ善人ごっこやってんですか?
もうテンパってぶっ飛んじゃった脳幹
さんざん祈って責任転嫁してんですか?
ってぶち抜いちゃった弾丸

悪人ごっこやってんですか?
もう嫌になってすっ飛んじゃった算段
今更湿気った爆弾点火してんですか?
って叩き割ったタンバリン

春時雨、いまだ匂わず。
嗚呼凍てついた、頬が笑えず。
このままずっと駄目かもしれません。

善人ごっこやってんですか?
もうテンパってぶっ飛んじゃった脳幹
さんざん祈って責任転嫁してんですか?
って噛りついたタンジェリン

錆付いた言葉、届かず。
咲いたのは、軋轢の華。
ゆえに思い悩むの、やめました。

嗚呼くだらねえ。
つば吐き捨てゆらゆらと
積もった罪と罰を背に踵を返せ。
しゃらんとしゃらんと。
狂気のステップ。

きみ臨界突破やちゃいな YO って。
踊れ踊れ、優等生。
板ばさみのサンド単品で頂戴。
世界は一回転。

いざ電光石火
全開ステップ
旋回タップ
ステップバイステップ
たんたん♪

電光石火
全開ステップ
旋回タップ
ステップバイステップ
ダンスダンス♪

見上げてる夜空が滲むならば、
反吐はいて今宵はバイバイ。
ねじってひねってダンシング!
演りなっせい☆

嗚呼、つまらねえ。
つば吐き捨てふわふわと
浮かんだ細い月を背に踵を返せ。
しゃらんとしゃらんと。
狂気のステップ。

きみ限界突破やちゃいな YO って。
踊れ踊れ、劣等生。
超展開。
毎度テンションは反転。
世界は一回転。

いざ電光石火
全開ステップ
旋回タップ
ステップバイステップ
たんたん♪

電光石火
全開ステップ
旋回タップ
ステップバイステップ
ダンスダンス♪

臨界突破やちゃいな YO って。
踊れ踊れ、優等生。
板ばさみのサンド単品でもう一回。
世界は一回転。

いざ電光石火
全開ステップ
旋回タップ
ステップバイステップ
たんたん♪

電光石火
全開ステップ
旋回タップ
ステップバイステップ
ダンスダンス♪

泣いてまで何かにすがるならば、
反吐はいて今宵でバイバイ。
ねじってひねってダンシング
演りなっせい☆

臨界突破やちゃいな YO って。
踊れ踊れ、優等生。

まあこのままずっと、
駄目かもしれません。

チアノーゼ

作詞作曲:ぽてんしゃる0

全部嫌になってああだこうだ喚けば
見事ブーメランがぶっ刺さった眉間に
手牌、七対子。ハイファイで2個2個
僕は頬噛んでノーサイド。シケた夜。

嗚呼、至極当たり前の妥当な反省

誰の所為だなんてあっちこっち騒げど
叩く対象なんて誰でも良いのでしょう
手牌七対子、采配はにこにこ
遠くぼんやりと見上げた夜空に

本当嫌になった浮世を嘆けど
嘘のゴーサインでぶっ千切った自分の
割とノープランで彷徨う心を
1000のバイオリンでブン殴ってやったった

ルート何だっけ?思い出せない。
ルート3だっけ?解が出るの?
デリートなんだってあれよあれよと
ブート、リブート、一二でアンドゥ。

頭痛い。音が出ない。
歌詞も知らない。
嗚呼、ギブミー。

アテもなくやるのなら
いっそ逃避のスワイプ
刹那のウェイウェイ。

報われない。お湯も出ない。
今日はグンナイ。
嗚呼、寝る。

アテどなく鳴らすなら
さらば安眠のクラック
チアノーゼ、はち切れる

つんつるてん螺旋の半径➗
つんつるてん惰性と慣性➕
つんつるてん土星の円型➖
つんつるてん自分の人生✖️

雲に隠れし今宵の月が
誰かの影に鈍く滲めば

愚劣極まる己の性と
煩悩のみが鉄線揺らす

頭痛い。音が出ない
君も知らない
嗚呼、ギブミー。

アテもなくやるのなら
いっそ逃避のスワイプ
刹那のウェイウェイ。

報われない
反吐も出ない
明日もグンナイ
嗚呼、寝る。

アテどなく鳴らすなら
せめて安眠をクラック
チアノーゼ、はち切れる

つんつるてん螺旋の半径➗
つんつるてん惰性と慣性➕
つんつるてん土星の円型➖
つんつるてん自分の人生だぜ

つんつるてん螺旋の半径➗
つんつるてん惰性と慣性➕
つんつるてん土星の円型➖
つんつるてん自分の人生✖️

自分の人生駆ける。

おっぱいのうた

作詞作曲:ぽてんしゃる0

僕が目を伏せてるのは
君にエッチだと
思われたくないから。

すれ違う街の中で
気がつけば胸を
見ちゃう。

涙を隠した夕時雨。
悲しいときは、
そばにいてほしい。

おっぱいの谷間が
僕を惑わせど、
ささくれた心、
少しまるくなれた。

世界は変わらず、
僕を拒むけれど、
優しい気持ちにしてくれて、
ありがとう。

愛とかそういうのじゃなくて…
自動追尾しちゃうんだ。
理解してね。

おっぱいの谷間は
僕を惑わせど、
ささくれた心、
少しつよくさせた。

社会は明日も、
僕を試すけれど、
立ち向かう力、僕にくれて、
ありがとう。

おっぱいの谷間が
僕を惑わせる。
やさぐれた心、
少しまるくなれた。

世界は変わらず、
僕を拒むけれど、
優しい気持ちにシてくれて、
ありがとう。

おっぱいの谷間に、
世界は変わらず。

死神のギター

作詞作曲:ぽてんしゃる0

虚構 無限 彷徨う、涙が乾けば。
息すら忘れて、死神のギターを掻き鳴らせ。

ちょっと待って懺悔なんて
やってらんね。ザッて去って
ジャンピンベイベ!
だって明後日なんて待ってたって
やっぱ無ぇ!って言って
ワン・ツー・ロッキン!
レイドバックだって?
知ったこっちゃねって言ってやんぜ
泣いてろベイベ!
ブッ叩いた ピックアップ
「鬼さんこちら」 リフで昇天。
HIGH-GAIN!

リフで昇天。 HIGH-GAIN!

絆す(ほだす)音は一閃、夜明け前。
エッジ唸って、メランコリーチック☆

揺れる藍錆色(あいさびいろ)をした猫柳。
ドーナツ噛んで 掻き鳴らす鉄線。

浮き世の月を見上げた髑髏(しゃれこうべ)。
我が魂が叫ぶ、戯れ言 のたまえば、
嗚呼、愉しや。

虚構 無限 彷徨う。道すら示さず。
終わりの無い わだかまり、行き場求め。

心に刹那の救いを求めど、
それすらもういいさ。
死神のギターを掻き鳴らせ。
しゃららん。
夜の中でしゃららん。

ちょっと待って懺悔なんて
やってらんね。ザッて去って
ジャンピンベイベ!
だって明後日なんて待ってたって
やっぱ無ぇ!って言って
ワン・ツー・ロッキン!
レイドバックだって?
知ったこっちゃねって言ってやんぜ
泣いてろベイベ!
ブッ叩いた ピックアップ
「鬼さんこちら」 リフで昇天。
HIGH-GAIN!

リフで昇天。 HIGH-GAIN!

浮き世の沙汰(さた)に呆れた髑髏(しゃれこうべ)。
我が魂は軋む、痴(し)れ言 のたまえば、
嗚呼、嬉しや。

誰かが投げた上辺の、
優しい言葉は要らないし。
今宵もギターぶら下げ、
歪(ひず)んだ揺り篭揺らす。

今日も 虚構 無限 彷徨う。明日など見えない。
やり場の無い憤り、音に変えて。

心に刹那の救いを求めど、
それすらもういいさ。
死神のギターを掻き鳴らせ。
しゃららん。
夜の中でしゃららん。

ちょっと待って懺悔なんて
やってらんね。ザッて去って
ジャンピンベイベ!
だって明後日なんて待ってたって
やっぱ無ぇ!って言って
ワン・ツー・ロッキン!
レイドバックだって?
知ったこっちゃねって言ってやんぜ
泣いてろベイベ!
センス無ぇって言ってたって
やってやんぜ。半端 ROCK。
アン・ドゥ・ロッキン!

ガッとやって、グッとなって
カッとなって、カット切って
アップダウン アップダウン・・・
チャット打って、
そう ロンリーベイベ。
レイドバックだって?
知ったこっちゃねって言ってやんぜ
泣いてろベイベ!
ブッ叩いた ピックアップ
「鬼さんこちら」 リフで昇天。
HIGH-GAIN!

リフで昇天。 HIGH-GAIN!
唸れチョーキング。 鉄線!

リフで昇天。 HIGH-GAIN!
リフで昇天。 HIGH-GAIN!
唸れチョーキング。 HIGH-GAIN!
唸れチョーキング。 鉄線!

月夜のワルツ

作詞作曲:ぽてんしゃる0

こぼれて欠けた

蒼白い月の 砂漠の上で

疲れるまで遊ぶ



誰かが亡くした

心眺めては 静かに笑って

辛いよねって言った



僕がもっと もっとずっと

頑張ったら

見ていてもらえる?

君がもっと もっとずっと

良い子でいたらなんて

黙ってよ。



壊れたステレオが鳴らす

行進の笛は

「正しい音」で



月のワルツで

砂漠を行くならば

銀の駱駝は歩く 罪の海

見果てて消えた

夢のまにまにを

千の後悔が嗤う

何もない背を



こぼれて欠けた

蒼白い月の 砂漠の上で

疲れるまで踊る



月のワルツで

砂漠を行くならば

銀の駱駝は歩く 罪の海

見果てて消えた

夢のまにまにを

千の後悔が嗤う

何もない背を



何もない背を

イロハニ

作詞作曲:ぽてんしゃる0

夏は過ぎて、風が吹けば
彼方に流るる雲を見てた。

焼ける後悔と、淡い記憶
昨日の先は、未だ知れず。

色は匂へど、散りぬるを我か
言の葉を飲む。叶わない願い自体嫌い、
もう要らぬ。

嗚呼、明日も心が軋むのならば、
月に痛みを抱いて、
浅き夢見じ。

色は匂へど、散りぬるを我か
言の葉を飲む。叶わない願い自体嫌い、
もう要らぬ。

嗚呼、今日も心が軋むのならば、
月に痛みを抱いて、
浅き夢見じ。

いろはにほへと、
ちりぬるをわか。

ただいまホーム。

作詞作曲:ぽてんしゃる0

そう大切なはずの何かも、
思い出せず不安になって。

なけなしの時間。
街はそれでも慌ただしそうに、
とどまりもせず流されていった。

失うものを数える日々が、
ひどく乾いて、君に願ったよ。
当たり前がいつかどこかへ、
消え去ってしまわないように。

そりゃ世界が終わるその瞬間にさ、
君の隣に居る保証なんて、ないでしょう。
月並みで有り触れた言葉重ねて確かめていたい。
長生きするから。
たぶん。

ねえ、くたばるまでずっと、
聞かせてほしいよ。
「そんなことか」って
笑わないでね?

「おはようグッモーニン」
「ただいまアイムホーム」
「おやすみグッナイ」
トゥナイトゥナイ to You.

本当、何度も何度も大切なものを
いっつも無くして泣いたけど。
世界が焦げて無くなっても
「じゃあね、また今度。」って
言えたらなぁ。

この世界が終わるその瞬間になんて
君が隣に居る保証なんかないから。
月並みで有り触れた年を重ねても抱きしめていたい。
長生きするから。
きっと。

ねぇ、くたばるまでずっと、
聞かせてほしいよ。
「そんなことか」って
笑わないでね?

「おはようグッモーニン」
「ただいまアイムホーム」
「おやすみグッナイ」
トゥナイトゥナイ。

さよならはきっと、
年老いて言うよ。 
どっちが先って
わからないでしょ?

「ありがとグッライフ」
「おやすみグッナイ」
「さよならグッバイ」
グッバイグッバイ。

それまでは「グッモーニン」
二人で「アイムホーム」
生きよう「グッライフ」
トゥナイトゥナイ。

「おはようグッモーニン」
「ただいまアイムホーム」
「おやすみグッナイ」
トゥナイトゥナイ to You.

アイムホーム
ただいまホーム

座禅パンクス

作詞作曲:ぽてんしゃる0

諸行無常、夢幻。
いかなる不平、不満と業。
それすら有象無象。不浄。
いつも儚く、すれ違う。

不幸自慢、欺瞞、その類、
腐乱、腐乱。
皆、誰か蹴落とせば、
幸、不幸のレース始めようか。
不毛。不毛なエンドレス。

自問自答の今日。
いつでも自信過小でGO。
貴方は理論武装。無双。
いつも儚く、砕け散る。

要らぬ打算、偽善、その類、
不安、不安。
皆、自分を騙せと、
幸、不幸のレース始める
また不毛。不毛なエンドレス。

交差点、空見上げれば
茜色に染まる雲は流され
闇夜に降る小夜時雨。

願いは嘘と全部
讃えてくれれば良いと
やたらに何かと競う癖、ナンセンス。
やめにしませんか。

我は堕ちて咲く、まるで時不知。
頬は乾けど、晴れる事もなく。
この心すら、もう行方知れず。
流るるままに、日々を嗤いませうか。

諸行無常、夢幻。
いかなる不平、不満と業。
それすら有象無象。不浄。
いつも儚く、すれ違う。

不幸自慢、欺瞞、その類、
腐乱、腐乱。
皆、誰か蹴落とせば、
幸、不幸のレース始めようか。
不毛。不毛なエンドレス。

今日も夕空、見上げれば
茜色に染まる雲が流され
闇夜に降る小夜時雨。

不安は嘘と全部
認めてくれれば良いと
それすら誰かと競う癖、ナンセンス。
やめにしましょうか。

堕ちて咲く、まるで時不知。
頬は乾けど、晴れる事もなく。
あの雲ですら、もう行方知れず。
されるがままに、日々を忘れましょうか。 

されど堕ちて咲く。
今日も堕ちて咲く。

まとめ

そんな感じで!
ずいぶん待たせてしまったけれど、それでも聴きに来てくれるリスナーさんに愛と感謝を込めて。
ぼちぼちと作品作りを続けていきます。

では、またね。
ぽてんしゃる0でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です