【ソロキャンプ焚き火】チャークロス(炭布)の作り方は超簡単!【240CAMP】

こんばんは、ぽてんしゃる0@240CAMPです。

私は普段、ソロキャンプで焚き火の火を起こすときはファイヤースチールをこすってつけるのですが、
そんなライター使わない派の強い味方「チャークロス」。これは簡単に作れる着火剤みたいなもので、
今回は在庫が減ってきたのでチャークロス(炭布)を焚火しながら作ってみました。

チャークロスというのは、読んでそのまま布の炭です。

小さな火花でも火口になるので、ファイヤースチールの火花でも簡単に火口になります。

作り方が簡単!

これがめちゃめちゃ便利で、簡単に作れるので、私みたいな初心者をはじめ、是非チャレンジしてみて欲しいです。

んで、作り方なんですが、
1.缶を用意する!
2.いらない布を投入!
3.焚き火に突っ込む!
これで終了ですwめっちゃ簡単で楽しい!

1.缶を用意する!

家のいらない缶、画像くらいの大きさでOKです。
100均とかにも売ってるので調達は楽です。
缶のフタ部分にナイフかなんかで穴を開けておきましょう。

2.いらない布を投入!

缶の中にチャークロスの素材になる布を入れます。
私はいつも、いらなくなった綿のTシャツをハサミで切って作ります。できるだけ分厚めの方が望ましいです。

3.焚き火に突っ込む!

あとは焚き火に突っ込むだけです。
しばらくすると穴から煙が出てきます。さらにそのまま置いておくと煙が炎に変わってきます。
やがて穴から炎や煙が出なくなってきてしばらく置き、焚き火から出して冷まします。

この時、穴から空気が勢いよく入ると、せっかくできたチャークロスが燃えてしまうので、
割り箸かなんかで穴を塞ぐといいです。

しばらく放置して、冷えると完成。

ほんとすぐ作れるし、私の場合はキャンプ3回に1回の割合で作ってストックしておきます。
常に火起こしセットの入れ物に入れておくようにしています。

動画はこちら!

それではまたね。
ぽてんしゃる0@240CAMPでした。

YouTubeチャンネルはじめました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です