【ソロキャンプ道具紹介】フュアーハンドランタン276をメンテナンスしたよ!【240CAMP】

こんばんは、ぽてんしゃる0@240CAMPです。

年末は野へ行かず、家で大人しくしておりました。。
家の大掃除に合わせて、一年間お世話になったキャンプ道具たちをメンテナンスしたのでその記録を。

フュアーハンドランタン276オイルランタン

いくつかランタンを持っているのですが、今回は「フュアーハンドランタン276」というオイルランタンのメンテナンスを紹介いたします。

どんなランタン?

フュアーハンド276ランタンは100年以上形が変わらないドイツの歴史あるランタン。燃料が灯油なのでコスパ良い。扱いやすいし、とにかく風に強い。ハリケーンランタンという名に恥じず、昨年の台風に遭遇したキャンプでもこいつだけ煌々と火を灯し続けてました。笑

フュラーハンドランタンって結構いろんなところが開いたり、取り外せたりできるので、使いはじめの頃、え!こんなところ開くの!?って事が多々ありました。

メンテの流れとしては、
1.ホヤ(ガラス)の清掃
2.芯の交換
3.芯がタンクに落ちた時の対処法
みたいな感じで紹介していきますね。

1.ホヤ(ガラス)の清掃

ホヤを外すときは、ランタンのてっぺんの部分を上に引っ張ってロックを外します。
すると、ホヤのユニットが前後に動くようになるので、倒しきる。

そっと、ガラス部分を抜き出します。

ウェットシートか何かでふきふき。
ススが出にくいオイルを使っていても、それなりに溜まってくるので、きれいにしましょう。

2.芯の交換

この芯上下レバーがついている部分を時計回りに回せば、バーナーユニットごと外せます。

あとは芯を適当な長さに切って、先端部分の両端をカットします。そうすることで炎の形がきれいになります。

最後に芯上下レバーに新しい芯を巻き込んで完了です。

3.芯がタンクに落ちた時の対処法

芯上下レバーを反対に巻いてしまい、芯がタンクの中に落下してしまった時は、バーナーユニットを外した状態でピンセットか箸でサルベージしてあげてください。

メンテナンス完了

ホヤをもとに戻して、ロックすればメンテナンス完了です。
素敵なキャンプライフの参考になれば。

動画はこちら!

それではまたね。
ぽてんしゃる0@240CAMPでした。

YouTubeチャンネルはじめました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です