【ソロキャンプ道具紹介】オピネル カーボン #10の私流カスタムを紹介します【240CAMP】

こんばんは、ぽてんしゃる0@240CAMPです。

今回は私が調理用で使っているナイフを紹介します。
前回は工作用として、モーラナイフを紹介しましたが、今回は「オピネル カーボン #10」のカスタムを紹介します。

こちらもキャンパーの定番ナイフですよね

モーラと同じく、こちらもカーボンスチールなので切れ味も抜群で、研ぎやすいです。ブレード部分はもともと黒錆加工をして防錆していたのですが、飽きたので元に戻しました。赤錆に注意です。

購入しやすい!

ブレードの出し入れをスムーズにしたい!

このオピネルのグリップは木製なので、箱出しでそのまま使っていると、木の部分が水分を吸って膨張してしまいます。
そうなると、ブレードを出すのにペンチが必要なほど固くなってしまいます。または指が痛いw

なので、乾性油であるクルミオイルの入ったジップロックに放り込んで、一晩寝かせることで水分が入りにくいように加工しています。オリーブオイルでやっちゃうと乾かない油なので、ベタつきます。だからクルミオイルが良いと思います。

それでも私の場合、ナイフの出し入れが固く感じるので、一旦全部バラして接合部分の木を内側からヤスリで削って、スッカスカになるようチューニングしています。また、オピネルにはブレードロックが付いているので、使うときはガッチリとブレードが固定され、使用する上でも特に不都合はないです。

好みは分かれると思いますが、ブレードの出し入れが凄い楽になって私は使いやすいです。シャキーンとナイフを振って刃が出るのでちょっとかっこいい。。。し。。。

そんな感じで私が普段調理で使っているナイフ「オピネル カーボン #10」を紹介させてもらいました。

素敵なキャンプライフの参考になれば。

動画はこちら!

それではまたね。
ぽてんしゃる0@240CAMPでした。

YouTubeチャンネルはじめました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です