【ソロキャンプ】DDハンモック泊がいい感じ【ブッシュクラフト】

こんばんは、ぽてんしゃる0です。

暑い・・・暑いです。
バイクカスタムもいい感じに仕上がってきたので、ハイペースで「野」に行っております。

ブッシュクラフト寄りのキャンプ

最近はソロキャンプにブッシュクラフトな要素を含みつつ、楽しんでいます。

前から兵庫県の赤西渓谷というところに野営とブッシュクラフトをしに行っていたのですが、先日「焚き火禁止」の立て看板が・・・・。
以前から焚き火の跡がそのままだったり、ゴミが捨てられていたり、、、結構ひどいので散乱してるゴミも持って帰ったりしていたのですが、またしても癒しの場所がなくなってしまいました。;;

ソロキャンプの装備

そんなこともありつつ、今回はソロキャンプの装備についての記事です。
今シーズンからキャンプツーリングを意識して装備の選定をしてみようってことで、色々考えてました。
そこで噂に聞く

「ハンモック泊」

というものができればテントいらないんじゃないか?という結論に至り、ハンモックを導入。「DD hammocks社」のフロントラインハンモックという蚊帳付きのやつです。その上に同じく「DD hammocks社」の3×3タープを張れば拠点完成!
設営がほとんどロープワークで設営できるので、ロープワークを覚える楽しさもありますし、斜面でも「吊る中心の設営」なので余裕で寝ることができますよ。

↓ハンモック

↓タープ

そりゃあ、コットの方が快適ではありますが、ハンモックもなかなかいい。独特の浮遊感がたまりません。
寝方にコツがあるようでハンモックに対して斜めに入って、頭とかかと部分でハンモックの底面をフラットにキープすると良いです。
初めはその事を知らず、「く」の字で一晩、腰が辛い体勢で明かしたのは秘密です。;;

もうちょいピーンとタープを張ればよかった;;

ハンモック泊装備

私的、ハンモック泊用フル装備をご紹介します。
以下の感じです。参考になれば!

【ハンモック泊装備】

ナイフ系
ナイフ:Mora knife Heavy Duty
ナイフ:OPINEL no.10
ナタ:千吉金賞海老鉈
マルチツール:VICTORINOX Ranger Wood (Backup)
ノコギリ:SHARK SAW 240mm
手斧:Hultafors Scout
焚き火系
焚き火台:PaaGoWORKS Ninja firestand
ゴトク:DoDゴトク
メスキット:米軍払い下げ品
メスティン:Trangia
ケトル:Trangia
アルスト:Trangiaアルコールストーブ(Backup)
アルコールボトル:ガンパウダーボトル(Backup)
ファイヤースターター:bush craft inc.
焚火グローブ:GRIP SWANY G-1
鉄板:WOOPs Iron SOLO 野外鉄板
網:100均
設営系
ブランケット:ロスコスイス軍ブランケット
マット:THERMAREST Z-sheet
テーブル:HELINOX Table one
イス:HELINOX Chair one
ペグ:bush craft inc. SUSタフステーク
タープ:DD Hammocks 3×3
ハンモック:DD Hammocks フロントラインハンモック
寝袋:Coleman
光源:NNINE LUMENA7 LEDランタン
光源:FEUERHAND Babyspecial 276
食事系
浄水器:Seychelle survival plus
シェラカップ:snowpeak
クーラーボックス:ICELANDCOOLERS MilitaryCollection 20qt
バックパック
バックパック:Seibertron Backpack 3P Tactical

だいたいこんな感じです。
まだまだ荷物の最適化はできるはず。。。
特に炊飯周りのツールのパッキングがしっくり来ていない。

そんな感じで、
ゆるゆるとキャンプやっております。

では、またね。
ぽてんしゃる0でした。

YouTubeチャンネルはじめました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です